コード

【ピアノコードの勉強シリーズ 第2回】コードの種類を簡単に覚えよう 

前回はコードの基本形である三和音(トライアドコード)、そして、そもそもなぜコードネームを覚えた方がいいのか、ということについて学習しました。

コードの基本形
【ピアノのコードをマスター!#1】コードの基礎(基本形)とコードネームを覚えよう!コードをマスターすると「こんなことが出来るよ!」という根本的な目的意識を知ったうえで、コードの基礎知識及び基本の形を学んでいきましょう!...

今回は基本形以外のコードバリエーションについて、学習していきたいと思います。

コードにはどんな種類があるのか?

単純にコードの種類といってもたくさんあります。

例えばコードの種類と押さえ方のパターンを確認できるこのようなサイトがあります。
ピアノコード一覧 楽器.ME

はい、数百種類ありましたね(苦笑)
このサイトを見て「まさか、これを全部暗記しなきゃいけないのか…(涙)」と不安になった方もいるかもしれません。

でも安心してください。確かに鍵盤の押さえ方はこのくらいの数ありますが、丸暗記する必要はないのです

コードの仕組みが分かってしまえば、いくらでも応用が利きますので、さっそくその中身を学んでいきましょう!

cafe
cafe
いきなりどどーんと一覧見ると圧倒されますよねぇ~
ししょー
ししょー
こういった一覧は仕組みが分かった後に確認用として使えば有効だな

コードの種類について

ここからはコードのバリエーションとして「Cコード」を例にとって説明します。
説明用の鍵盤に表記されている数字は、基準となる音「C」から数えて何番目の鍵盤を押さえるかが示されています。
以前の音程(インターバル)に関する記事でも触れましたが、手っ取り早く覚えるには何番目の鍵盤をおさえるか…ってのを覚えちゃいましょう!

音程(インターバル)を理解しよう
音程(インターバル)を理解しよう! 「インターバル」を制する者は「コード」を制する!今回は音楽理論の基礎として、音程(インターバル)を一緒に勉強していきましょう。 鍵盤楽器を弾くうえで是非マスターしたい「コード」。...

 

メジャーコード

Cメジャーの押さえ方

表   記:C(シー ※メジャーは通常省略することが多い)
鍵盤何個目:ルート + 5番目 + 8番目
度数で表示:ルート + 3度 + 5度

cafe
cafe
Cから数えて5番目と8番目を押さえればCコード!同じように始まりの音をずらしていけば12種類のメジャーコードを覚えたことになりますね!
ししょー
ししょー
そのとおり、とっても簡単な覚え方だね

マイナーコード

表   記:Cm(シーマイナー
鍵盤何個目:ルート + 4番目 + 8番目
度数で表示:ルート + 短3度 + 5度

cafe
cafe
ちょっと暗くもの悲しい感じですね。これも始まりの音をずらしていけば12種類のマイナーコードを覚えたことになります!
ししょー
ししょー
メジャーコードの真ん中を1つずらすだけ

ディミニッシュコード

Cディミニッシュコードの押さえ方

表   記:Cdim(シーディミニッシュ)
鍵盤何個目:ルート + 4番目 + 7番目
度数で表示:ルート + 短3度 + 減5度

cafe
cafe
ちょっと不思議な響きですね。マイナーコードの5度(8番目の鍵盤)の部分が半音下がったコードですね
ししょー
ししょー
そういう覚え方でも問題ないよ

オーギュメント―コード

Cオーギュメントコードの押さえ方

表   記:Caug(シーオーギュメント)
鍵盤何個目:ルート + 5番目 + 9番目
度数で表示:ルート + 3度 + 短6度

cafe
cafe
今度はメジャーコードの5度部分が半音上がったものですね!
ししょー
ししょー
そういう覚え方で問題ないよ

サスフォー

Cサスフォーの押さえ方

表   記:Csus4(シーサスフォー)
鍵盤何個目:ルート + 6番目 + 8番目
度数で表示:ルート + 4度 + 5度

cafe
cafe
「サス4」は「サスペンデッド4th」の略称で、サスペンドは「引き上げる」の意味があります。つまり3度を4度に引き上げるということですね。
ししょー
ししょー
このコードを弾くとメジャーコードに戻りたいという意識が働くんだ。動画のようにメジャーコードとワンセットで使うことが多いぞ

セブンスコード

Cセブンの押さえ方

表   記:C7(Cセブン)
鍵盤何個目:ルート + 5番目 + 8番目 + 11番目
度数で表示:ルート + 3度 + 5度 + 短7度

cafe
cafe
音が4つなりました!これが4和音ですね!
ししょー
ししょー
そう。セブンスコードはブルージーな雰囲気がする

メジャーセブンスコード

Cメジャーセブンスの押さえ方

表   記:CM7(シーメジャーセブンス)
鍵盤何個目:ルート + 5番目 + 8番目 + 12番目
度数で表示:ルート + 3度 + 5度 + 7度

cafe
cafe
おお~これはオシャレな響きですね~
ししょー
ししょー
メジャーセブンスの場合は「ルートの隣を1つ追加」って覚えればよい

まとめ

今回はコードのバリエーションということで、主なコードの鍵盤上の押さえ方、音の積み上げ方、実際の響き等について説明しました。

今回紹介した7つのコードフォームについては、始まる音(ルート音)をずらしていけばそのまま他のコードになります。

音は全部で12音ありますので  12音 × 7フォーム = 84コード
今回だけで、ゆっくりやれば84ものコードを覚えたことになります!

さて、ここでもう一度冒頭に掲載したコード一覧表をご覧ください。
ピアノコード一覧 楽器.ME

いかがですか?
各コードの種明かしが分かってから見ると、全部同じルールで出来上がっていることがお分かりいただけると思います。種類の多さはたいしたことないんです!

今回でコードの基礎的な部分について、ある程度学んでいくことができました。次回は実際曲の中でコードを使っていくうえで重要になる「コードの転回形」について学んでいきましょう。

RELATED POST