音楽系アプリ

【ピアノ練習アプリ】「flowkey(フローキー)」の使用感を徹底レビュー!【初心者からのスキルアップにおすすめ】 

アイキャッチ画像

PCやスマホを使ったピアノ練習方法について、当ブログではこれまで4つのアプリをご紹介してきました。

4つのピアノ練習アプリ比較
4つのピアノ練習アプリのメリット・デメリットを徹底比較!【あなたにピッタリのものをご紹介】4つのピアノ練習用アプリ(ピアノマーベル、シンプリーピアノ、スクーブ、ピアノアカデミー)の特徴をまとめ、もっともおススメしたいアプリを決定します。...

いずれもそれぞれ特徴があって、特に初心者の方にお勧めしたい練習法でした。

今回5つ目の練習アプリとして「flowkey」というアプリを実際に使用した感想も含めて、その使用感などをご紹介したいと思います!

 

「flowkey」(フローキー)の概要

flowkeyはこれまで紹介してきた練習アプリと同様に、実際に弾いたピアノの音をアプリが認識することで、正確性などの判定を行いながらレッスンが進められていきます。

主に海外向けのアプリとして運営されていましたが、日本語対応が完了したことから日本人にも利用しやすくなりました!(公式WEBサイト

flowkey - ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー

flowkey – ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー

flowkey GmbH無料posted withアプリーチ

 

ではさっそくflowkeyの主な特徴を下記の5つの項目に基づいて説明していきましょう。

  1. 使用デバイス
  2. 音声認識方法
  3. レッスンメニュー
  4. 課題曲
  5. 料金

 

①使用デバイス

flowkeyはマルチデバイス対応なので、様々な環境で使用することができます。

PC スマホ タブレット
WEB アプリ アプリ
カフェラン
カフェラン
環境によってユーザを選ばない点は強いですね。僕はPCを電子ピアノのうえに置いて弾いています

 

②音声認識方法

弾いた音を認識する仕組みは次の2通りあります。

  1. スマホやPCの内臓マイク
  2. MIDIケーブルで接続

①スマホやPCの内臓マイク

特別な道具が必要なくスマホ一つで完結するのがこちらの方法です。スマホのマイクを利用してピアノ音声を認識します。

マイクが有効になっていない場合は下記の画面が表示されますので、マイクをオンに設定します。

flowkeyのマイク接続確認画面

実際に使用してみて認識状態はかなり良好です。

ただし、マイクによる認識方法はスマホの置き場所やボリュームなど環境によって異なるため、もし認識状態がよくない場合はMIDIケーブルとの接続を試してみましょう。

後述しますがflowkeyの場合は他の同種のアプリと比較して音声認識を活用する場面が少ないです(主な使用場面は譜面と異なる音を弾いたときに”待機モード”になるなど)。そういった面でも音声認識でストレスがたまるということは少ないでしょう。

 

②MIDIケーブルで接続

電子ピアノなどを使用している場合は、背面などに備えられているMIDI端子とPC、スマホなどを接続することで、ほぼ確実に音声を認識することができます。

以下は電子ピアノとPCをMIDIケーブルで接続しているところです。

PCとMIDIケーブルを接続

僕が使用しているのはRolandの「UM-ONE」というUSBタイプのMIDIインターフェースです。

スマホ(iphone)と接続する場合は更にUSBとLightningケーブルを変換するためのカメラアダプターが必要です。

 

③レッスンメニュー

flowkeyのメインレッスンは「コース」というメニューに集約され、現時点では全部で8つのコースが用意されています。

コースの内容は次のとおりです。

  1. ピアノにふれてみよう(全8レッスン)
  2. 両手で弾く練習(全7レッスン)
  3. 中級ピアノテクニック(全6レッスン)
  4. コードをマスターする(全7レッスン)
  5. コードを使った即興演奏(全5レッスン)
  6. 読譜の練習(全8レッスン)
  7. 長調と短調(全10レッスン)
  8. 長調と短調Ⅱ(全12レッスン)

①②が初心者、③が中級、④⑤がコード奏法に特化、⑥が譜面、⑦⑧が音楽理論といったところです。レベル感や練習カテゴリーといった面で割りとバランスのとれたメニュー構成だと思います。

カフェラン
カフェラン
定期的にアップデートされていますから、今後上級コースなども登場するかもです

ここでは一例として「⑦コードを使った即興演奏」のレッスン内容の流れをご紹介します。

まずはコースの選択画面からレッスンを受けるコースを選択します。

コース選択画面

コースを選択するとそのコースに特化した練習メニューが表示されます。基本的には上から進めていくとよいでしょう。「コードを使った即興演奏」の場合は5レッスンあります。

コースの中に練習メニュー

各練習メニューの中に更に具体的な練習メニューがあります。上図で選択した「伴奏のパターン-パート1」の場合は5レッスンあります。

コースの中にある練習メニュー

レッスンメニューを選択するとそのレッスンのポイントを動画で解説してくれますので、まずはざっと見ておきましょう。動画をスキップすることもできます。

ビデオでの説明

動画を見終わったらいよいよレッスン開始です。最初に模範演奏をみてから、流れる音符に基づきまずは左手、右手、両手といった順番で演奏します。

レッスン画像

レッスンではきちんと弾ければ上の写真のようにチェックマークが表示され、間違えると楽譜が一旦ストップ(待機状態)され、正しい音を弾くと先に進みます。

カフェラン
カフェラン
コースはどれから始めてもOKなので、自分の興味のあるところからやってみよう!

 

④課題曲

flowkeyではクラシックからポップスまで1000曲以上の中から自由に選んで弾くことができます。

曲の選び方は”レベル”及び”カテゴリー”から絞り込むことができます。

レベルから選択
  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者
  • プロ

カテゴリーから選択
  • ロマンティック
  • クラシック音楽
  • 人気ポップス
  • 映画&テレビ
  • ゲーム音楽
  • ジャズ
  • メランコリー
  • 名曲
  • ハッピー
  • ロック
  • パートナーズ
  • グルーピー
  • キッズ
  • トラディショナル
  • R&B
  • エネルギッシュ
  • メロ―
  • クリスマス
  • アジアンポップス
  • スムーズ

 

今回はレベルから絞り込みを行い、選んだ曲を練習する流れを解説します。

各レベルが示された丸いボタンを押すとそのレベルの曲が絞り込まれます。複数で絞り込みもOK。各曲の左上にある色はレベルを表しています。

レベル別の曲絞り込み

今回は中級者用のプリテンダー(official髭ダンディズム)を選択します。「曲を習う」を選択してスタート!ちなみに各局の右上♡マークを押すとお気に入り登録され、「マイソング」メニューから簡単に呼び出すことができます。曲を選択

右上にある手のマークを選択すると、左手だけ、右手だけ、両手を選択できます。自分のレベル感に合わせて段階的に練習することができます。

弾く手の選択

右上のメーターのようなアイコンを選択すると、再生スピードを指定することができます。これも自分のレベルに合わせて指定しましょう。
「待機モード」はきちんと弾けるまで演奏が進まないモードです。

速度の指定

さあこれで準備が整いました!楽譜に合わせて練習します。

練習開始の画面

弾いていて難しい箇所がでてきたら、そこだけ集中的に練習することができます。リピートしたい範囲(下図では灰色に反転している部分)を指で指定するだけで簡単に行えます。

リピート範囲の指定
カフェラン
カフェラン
いろんな指定が同一画面上で簡単にできるのがストレスフリーでいいね。曲もアップデートで随時追加されていますよ!

 

⑤料金

flowkeyを無料で利用できる範囲は8曲分まで。上記で説明したコースの練習やすべての楽曲を弾くためにはプレミアム会員になる必要があります。

プレミアム会員の月額料金は現在以下のようになっています。

プラン iPhone Android
1か月プラン 2,100円 2,100円
6か月プラン 9,100円 9,100円
年間プラン 12,800円 12,800円
カフェラン
カフェラン
年間プランがかなりお得な内容になっています

 

感想(よかった点・改善してほしい店)

実際に使用してみて「ここはいいね!」とか「ここもうちょっと改善してほしい」という点がありましたので、何点かピックアップしてみたいと思います。

良かった点

手の動きと楽譜の同時表示

楽譜だけでなく弾く際の手の動きが同時に表示されているのはいいですね!弾く場所を視覚的に捉えられるだけでなく、運指的な部分も参考になります

ただ手の動き中心で見てしまうと楽譜の読み取りが身につかない恐れがありますので、あくまで楽譜メイン、手の動き参考くらいの使い方がベターだと思います。

演奏補助機能の操作充実

曲を弾く際の速度や弾く手(両手、右手のみ、左手のみ)、リピート範囲を都度リアルタイムに変更できるのはすごく便利です。

というのも、弾くのに苦労する箇所や間違えやすい箇所というのは実際に弾いてみてわかりますので、その段階で速度を変えてみたり、苦手な場所を繰り返しやれるように設定できるというのは理にかなっているんですよね。

このあたりはユーザーフレンドリーな設計としてよく考えられていると思います。

 

改善してほしい点

履歴や採点などのモチベーション維持機能

このようなアプリを使った練習は簡単で便利である反面、やめてしまうのも簡単です。そこでもうちょっとモチベーションを維持してくれるような機能があったらと思います。

例えば、楽曲を弾いた結果の採点機能であったり、レベルに応じて挑戦できる曲が開放されていくなど、日々の取組の結果が目に見える形で反映されることで、継続性にもつながるかなと考えます。

ししょー
ししょー
現状鍵盤の音の認識は待機モードでのみ活用しているので、そういった部分に活用を広げられれば…

 

楽曲内容

他の同種アプリもそうですが運営会社が海外ということもあり、弾くことのできる楽曲が洋楽中心です。

そのような中でも日本の最新ヒット曲がいくつか盛り込まれており、その辺りは意識していることが伺えますが、まだまだ数が少ないのが現状です。

日本のユーザを増やすためにも日本のスタンダードな楽曲や名曲を盛り込むことで、より対象年代などを広げられるでしょう。

カフェラン
カフェラン
必ずしも最新ヒット曲を細かく追加する必要はないと思いますが、日本の曲もうちょっとほしいな

 

まとめ

flowkeyの概要から使用方法、実際使ってみての感想を中心にレビューさせていただきました。

あくまでプレミアム会員として使用する前提ですが、画面構成などはかなりユーザフレンドリーが高い設計になっており、ムリなくピアノのスキルアップが図れると思います。

今後定期的に曲やコースの追加があればより深みのあるアプリになると思います。

flowkey - ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー

flowkey – ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー

flowkey GmbH無料posted withアプリーチ

 

自宅でピアノのコツをマスターしましょー!

ピアノを短時間で弾けるようになりたい!!
…でもピアノ教室に通うのは難しいし、独学で進めるのも不安…

そんな場合の選択肢として自宅で習える動画講座がおすすめです!

\詳細はこちらをクリック/