投資

【リスク0】投資初心者におすすめしたいインヴァスト証券のマネーハッチ

こんにちは、カフェランです。

さて、このブログでは鍵盤楽器を中心とした楽器演奏のすばらしさを訴えていますが、演奏するための楽器は生活必需品という訳ではないため、購入するにしてもある程度生活に余裕がないと、なかなか難しいと思います。

経済的に余裕を持つためには、収入と支出のバランスを考慮した堅実な生活を送るのが一番だと思いますが、それだけではなかなか余裕は生まれないのも事実。

そこで株式をはじめとする「投資」を行う人も多くいるわけですが、一方でリスクが気になって二の足を踏んでいる人も多くいらっしゃると思います。

今回はそんな投資初心者の方に向けて、ほぼリスクのない投資方法をご紹介したいと思います。

ししょー
ししょー
なんか怪しいな…リスクがないだなんて、そんな無責任なこと言っていいのか?
カフェラン
カフェラン
それがあるんですよー…僕もやっているものなので、実際の投資状況も併せてご覧いただければと思います!

 

リスクの低い投資とは

デスクで作業している様子

さっそく答えですが、今回お勧めする「リスクが低い投資」とは、インヴァスト証券のマネーハッチというサービスです。

このサービスを簡単に説明すると次のとおりです。

クレジットカードのポイントとして得た金額を自動的に投資に回すもの

クレジットカードを使用してポイントをためている人も多くいらっしゃると思います。

たまったポイントは商品と交換できたり、現金でキャッシュバックされたりと、クレジットカード会社によって様々だと思いますが、今回ご紹介する「インヴァストカード」は、使用することで貯まったポイントをそのまま投資に回してくれるサービスなんです。

インヴァストカードインヴァストカード

 

つまり、自分で貯めたお金を投資の原資にするのではなく、付与されたポイントを投資の原資にするので、元手ゼロといえます。

ししょー
ししょー
なるほど…元々貰ったポイントだから、万が一損しても自分の懐は痛まないってことか…。これから、試しにちょっとやってみようかって気持ちになるかもな
カフェラン
カフェラン
投資初心者のハードルを下げてくれるその部分が、最大のメリットだと思います!

 

マネーハッチの投資対象

そもそも投資の種類にはどのようなものがあるか

詳しい始め方を説明する前に、そもそも投資と一口にいってもどういう種類があるのか、そして今回インヴァストカードで行う投資はどれに該当するのかについて説明いたします。

主な投資の種類はざっと下記のようなものがあります。

  1. 株式
  2. 債権
  3. 不動産
  4. 投資信託
  5. ETF(上場投資信託)
  6. 外国為替取引(FX)
  7. 自己投資

いずれもどこかで名前だけは聞いたことあるのではないでしょうか?

それぞれ投資を行ううえでのメリット、デメリットがありますが、初心者がとっつきやすいものは、一般的に④投資信託、⑤ETFでしょう。

なぜかといいますと、④⑤はいずれも、

  • 積み立てによる長期的な投資が前提
  • 投資する対象範囲が広い(様々な銘柄に広く投資できる)

という2つの面(”時間”・”投資対象”)で分散化が図られるため、リスクも分散できるからです

カフェラン
カフェラン
「積み立てによる長期的な投資」というのは、株価が高い時も低い時も、淡々と自動積立を継続することで株価も平均化できるということで、これを「ドルコスト平均法」といいます。
ドルコスト平均法の説明引用:不動産投資の教科書

これが例えば①の株式だと、購入した個別株の株価が上下に変動した場合(というより常に変動します)、その影響がダイレクトに反映するため、ハイリスク・ハイリターンであるといえます。

マネーハッチで投資の対象とするのは⑤ETFであるため、リスク管理の面からも初心者が最初に行う投資としては適していると思われます。

ETF(上場投資信託)とは

通常の”投資信託”は、小口のお金を多くの人から集め、それを元手にプロのファンドマネージャーといわれる人が運用するものです。

基本的には頻繁に売買するというよりは、長期的に保有することが前提となり、投信をやめる場合は解約という形をとります。購入できる金融機関は、証券会社、銀行、郵便局と多岐に渡っています。

ETFとは“Exchange Traded Funds”の略で「上場投資信託」といわれるものです。日経平均やダウ平均株価などの株価指数に連動するように作られている投資信託で、各商品が上場(証券会社で売買できる対象となっている)しているため、個別株と同様に売買することができます。そのため売買できるのは証券会社のみとなります。

マネーハッチがETFを投資対象としているのは、投資信託のように積み立てで保有するだけでなく、「トライオートETF」という機能を使い自動的に売買を行うことで、利益を生み出す仕組みがあるためです。

 

マネーハッチの良いところ

上記で説明した「元手でゼロで投資」というのが、マネーハッチの最大の特徴ではありますが、メリットについてもう少し補足します。

ポイントの失効がない

多くのクレジットカードのポイントは有効期限が定められています。(セゾンカードの永久不滅ポイントなど期限のないものもあり)

インヴァスト証券のwebサイトによると、毎年3割~5割はポイントが使われずに失効しているそうです(※各カード会社へのヒアリングによる)

インヴァストカードの場合は、毎月100%インヴァスト証券の口座にキャッシュバックされるので、ポイントが失効するということはありません。

 

自動売買による積立投資

マネーハッチは基本的に自分で売買しません。「トライオートETF」という自動売買の仕組みを使って、銘柄の購入や売却を自動的に行ってくれます。

この自動売買については「自動売買セレクト」という機能でどういう時に購入するか、売却するか…というスタイルをあらかじめ決めておくことで、それに沿った動きをしてくれます。

カフェラン
カフェラン
基本的にほったらかしで利益確定してくれます。ただし、当然含み損となる時期もある(むしろ下がったところから上がるところで利益確定が作動する)ため、その辺りも織り込んでおく必要があります。

指定できる売買ロジックには「追尾」「スリーカード」「ライジング」という三種類があります。それぞれの詳細については、下記もご参照ください。

詳しくはこちらもご参照ください。
トライオートETF】今さら聞けない?!自動売買セレクトの仕組みを改めて知ろう

マネーハッチがイマイチなところ

利益が少ない

マネーハッチはインヴァストカードを使用した際に付与されるポイントを元手に投資を行うスタイルであるため、投資元の金額が大きいとはいえません。

投資金額が少ないということは、損益の金額も少ないということです。

カフェラン
カフェラン
つまりあまり損はしないけど、得も少ないってことね

実際に下記で私のこれまでの投資実績を公表していますが、1年間以上続けても損益はプラス2000円弱です。

マネーハッチの場合は、投資に過剰な期待をするというよりも、まずは”投資というものを経験する”、そして、”実際の値動きを肌で体感する”という部分を重視するなど、投資に対する最初のステップとしても意義が出てくると思います。

 

仕組みがちょっとが難しい

  • マネーハッチはCFD(差金決済取引)を取り入れていること。
  • マネーハッチは売買にかかる手数料等は発生しませんが、CFDをを利用することによる金利コストがかかる。その計算は建玉金利0.9%+Libor。

上記のような用語、何のこっちゃ…という感じしませんか?

たぶん長々と説明することは出来るのですが、このあたりの話が非常にややこしく、正直投資初心者にはやや理解するのにハードルが高いと思われます。

カフェラン
カフェラン
いや、自分がそうだったので…

「よく分からない段階で、あまり投資をやらない方がよい」…という声もあります。

確かに全てを十分に理解してから取り組めるのが理想ですが、個人的には「習うより慣れろ」の精神で、やりながら理解していくのも有効だと考えております

そういった意味ではも「元手ゼロでのポイント投資」はその辺りのハードルを下げてくれると思うのです。



投資状況

投資状況イメージ

ここでは、私カフェランの実際の運用状況を公開したいと思います。

私は2018年2月からマネーハッチを開始しましたので、約1年5か月で積み立てた金額が下図となります。

現在の積み立て金額

マネーハッチ運用状況マネーハッチ運用状況

積立金額に3種類あることが確認できると思います。それぞれについて解説します。

トライオートETF自動振替

マネーハッチは基本的にクレジットカードのポイントで投資を行うものですが、この他にも投資金額を加えることができます

私は場合は毎月1,000円、トライオートETF用に入金しているインヴァスト証券の口座からマネーハッチの投資用に資金を振り替えています。

これにより、元手金額を増やすことでより大きな利益を狙えることになります。このほか、定期的に銀行口座からの振り替えも可能です。

カフェラン
カフェラン
つまりこの部分は自己資金ということですね。マネーハッチになれてポイント投資だけで物足りなくなったら検討していいと思います

 

インヴァストカード

この部分がインヴァストカードで貯まったポイント(現金キャッシュバック)による投資金額です。現状では約1年半で17,552円が投資対象になっています。

 

再投資

再投資というのは、自動売買で利益確定した金額を更に投資に回すというものです。

つまり、投資で得た利益を更に投資するものです。これを「複利効果」といいます。

「複利」とは、かのアインシュタインが”人類最大の発明”と呼んだ考え方で、積立投資に非常に有効なものです。

引用:アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだのは、意外にもある「考え方」だった。

 

総合利益

運用実績として直近(8/9)の実現損益は1,973円となっています。
先に述べたとおり、利益としては大きいものではありません。ただこれは含み益ではなく、確定利益です。

この低金利時代、銀行に預けているだけではお金は増えません。リスクをなるべく抑えながら利益確定できるのは、良い取組ではないでしょうか。

マネーハッチ運用状況

ただ注意してほしいのは、時として相場全体が下がり大きく含み損が発生することがあります。

私の運用実績でいえば、12/24時点でNYダウが大幅に下落し、総合損益がマイナス7,332円になりました。

この時点で解約すると損益が確定するわけです。

しかし、そのまま保有し、自動売買を繰り返すことで、利益が回復してくる様子を確認が確認できると思います。

マネーハッチの運用状況2
カフェラン
カフェラン
「ドルコスト平均法」による分散投資、そして「複利効果」といった面を最大限に生かすため、積立による長期投資は腰を据えて取り組むのが最終的な利益につながることが多いと思います。

よりマネーハッチを活用するために

固定費をどんどんインヴァストカード払いに

私は電気、ガス、水道、携帯電話…といった固定費の支払いをインヴァストカードのクレジットカード払いにし、ポイント化に努めています。

たまにはクレジットカードを使う…程度だとなかなか投資金額につながらないため、少なくとも定期的に発生する固定費はカードを使用するようにしましょう。

 

JACCSモール経由でポイントアップ!

例えばamazon等で買い物する場合、直接amazonのサイトに行くのではなく、JACCSモールというサイト経由で買い物することで、付与されるポイントがアップします。

例えばamazonの場合であれば、0.5%のポイント(合計1.5%)が加算されます。

ジャックスモールの使用画面ジャックスモールの使用画面2
カフェラン
カフェラン
なるべく賢くためましょう!

 

マネーハッチの始め方

マネーハッチの始め方は非常に簡単です。

大まかな手順は以下のとおりです。

  1. インヴァスト証券「トライオートETF」の口座を開設
  2. マネーハッチメニューからインヴァストカードの申し込み
  3. インヴァストカードの郵送

上記の手順は2週間程度で完了します(カード郵送に2週間ほどかかるため)

詳細はこちらをご参照ください。

インヴァストカードの作り方

マネーハッチ公式ガイド

まとめ

音楽を楽しむためには、安定した生活を!!という観点から、投資初心者の方に向けたリスクの低い投資方法をご案内させていただきました。

低金利時代であると同時に、社会保障や年金不安など、これからの世の中、自助努力が増々求められる傾向になります。

若い方であっても(むしろ若い方の方が長期投資に有利)、こういった投資に目を向けて少しづつ取り組んでいくことで、ゆとりある生活に結び付けられる可能性が高いと考えています。