ピアノ

【ピアノ初心者対象】ピアノ教室と独学のメリット・デメリットまとめ!

ピアノを弾けるようになる過程は大きく2通りあります。それは誰かのレッスンを受けるか、独学するかです。

今回はピアノをこれから始めたいと考えている方に向けて、それぞれのメリット、デメリットをお伝えできればと考えています。

この記事を読むことで、自分に合ったピアノの始め方を判断することができます。

cafe
cafe
人生は長いようで短いです!是非やりたいことはチャレンジしましょうー!…と背中を押させていただきます

 

ピアノを習得する方法

ピアノの始め方を大別すると次の2つの方法があります。

  1. ピアノ講師のレッスンを受ける
  2. 独学する

ピアノ教室等に通って講師のレッスンを受けるか、または独学するかです。

ただし、ピアノを幼少期から始める場合は、講師についてレッスンを受けるのほぼ一択でしょう。

子ども(幼少期~)の場合

なぜなら、幼少期の子どもは「自分で判断する」ということがまだ難しいからです。その代わり与えられた課題の吸収率は大人の比ではありません。乾いたスポンジのようにどんどん吸収していきます。そういった特徴があるがゆえ、講師についてしっかり基礎を固めるというのはとても大切ですし、理にかなっています。

大人の場合

では大人の場合はどうでしょうか。

大人の場合は、その人の置かれた状況が様々です。
時間的、場所的、経済的な条件が様々であるため、その人にとって何がベストか…ということも異なります。また、どのようなレベルを目指すのかによっても、選択肢は異なってくると思います。

大人は上記のような諸々の条件と、これまで培ってきた経験をもとに「判断」することができますので、「ピアノ講師から習う」という選択肢の他に、「独学」という道も視野に入れることが出来ます

 

では、それぞれのパターン別にどういった手段があるか、深堀していきます。

 

ピアノ講師から習う

ピアノを弾く人

「ピアノを始める」となればまずは「ピアノ教室に通う」、というのが昔から一般的ですし、ピアノという楽器の特性を考えると本来の正道でしょう。

【ピアノの特性】
ピアノは「楽器の王様」と称されることもあるくらい、様々な特性を備えています。オーケストラの楽器を網羅するくらいの音域の広さがあり、両手を使って伴奏とメロディを同時に奏でるなど、ピアノ一台でアンサンブルが完成できる楽器でもあります。

それだけに求められる技術や知識が多く、習得が難しい楽器をいわれています

特にクラシックピアノにその傾向が強く、ピアノ講師に習うというのはある意味習得の最短距離ではあると思います。

では、まずピアノ教室に関する一般的なメリット、デメリットを整理してみましょう。

一般的なピアノ教室のメリット・デメリット

メリット

  1. 楽譜の読み方やフォームなど基礎的なことを指導してくれる
  2. 自分の目標に合わせたトレーニングメニューを提示してくれる
  3. 疑問点があれば質問することができる
  4. 次のレッスン日までに取り組むべき課題が出されるため、練習せざるを得ない環境を作れる
cafe
cafe
①②は教室によって対応の幅があると思いますが、③は教室に通う大きなメリットですね。あと④は技術を向上させたい人にとっては重要です。人間どうしても甘えがでますので、こういった半強制の環境は効果があります。

 

デメリット

  1. 教室のある場所まで移動しないといけない
  2. 時間的な制約がある
  3. 月謝としてそれなりの金額を要する
  4. 自分の思った指導が受けられない、講師と合わない、方向性が違うなど教室側とのトラブルも想定される
cafe
cafe
①は都市部以外では教室の数も限られるため移動に時間を要する場合もあります。②は特に社会人の方にとっては急な残業が発生するなど制約がある場合があります。③はサービスの対価ですから本来デメリットではないですが独学との比較ということで。④教室に入った後も色々悩みは発生する可能性ありますね。

 

ピアノ教室の主な形態

ピアノ教室の形態には次の3パターンがあります。

  1. 大手音楽教室
  2. 個人のピアノ教室
  3. ネットオンラインのピアノ教室

それぞれの教室ごとに特徴(メリット、デメリット)があります。

①に関する深堀記事です。僕が実際に通っていた音楽教室を例に解説しています。

【体験記】EYS音楽教室の特徴・レッスン内容・講師についてこんにちは、カフェラン(@Cafe21130317)です! 以前の記事でピアノを習得するための方法として,ピアノ教室でのレッスンと...

 

③に関する深堀記事です。方向性が異なる3種類のオンラインレッスンをご紹介しています。

【ピアノ教室】自宅にいながら気軽にレッスン♪ オンラインレッスンの概要以前の記事で、ピアノ習得方法には、大きく分けてピアノ教室でのレッスンと独学する道があることを解説しました。 https://ong...

 

ピアノを始めるにあたりピアノ教室が向いている方

上記の特徴を踏まえ、ピアノ開始時にピアノ教室をおすすめしたい方は次のとおりです。

ピアノ教室が向いている方
  1. 最初に基礎をしっかり教えてもらいたい人
  2. あまり回り道をせず、習得していきたい人
  3. クラシックピアノを志向する人
  4. 人前でピアノ演奏することを前提にしている人
  5. 意志が弱く、三日坊主になりがちな人
cafe
cafe
デメリットで上げた項目があまり気にならない場合、一度は教室で学ぶのがベターだと思います。特にクラシックピアノなどを人前で弾いてみたい方はほぼ必須でしょう。⑤の自覚がある人もうまく教室を利用することで継続できると思います。



独学する

ピアノを弾く人

現在は一昔前に比べて独学できる環境がすごく整ってきているのは事実です。

教室に通うのがどちらかというと「受動的」(先生から教えてもらう、与えられた課題をこなす等)なのに対し、より「能動的」(自分で考えて行動する)に動ける人には十分選択肢になります。

では、まず独学に関する一般的なメリット、デメリットを整理してみましょう。

 

一般的な独学のメリット・デメリット

メリット

  1. 自宅を中心に練習できる(移動の手間がない)
  2. 自分の生活サイクルに合わせて練習できる(時間的制約が低い)
  3. 自分の好きな曲を課題曲に設定できる(ストレスフリー)
  4. 出費を低く抑えられる
cafe
cafe
ピアノ教室のデメリットがメリットになる感じです。全般的に「自由」というのがメリットになりますが、自由には責任が伴うように、自己コントロールがしっかりできていることが前提ですね

 

デメリット

  1. 練習しなくとも注意してくれる人はいない
  2. 疑問が生じたときに気軽に質問できる人がいない(ピアニストの友達でもいれば別ですが)
  3. 練習の方向が間違っていた場合、軌道修正が大変
cafe
cafe
①はやるもやらぬも自由であるため、練習が途切れがちになる危険性があります。ピアノは継続が命みたいなところありますから。
②は他の手段で疑問が解消できることもありますが、経験豊富な人に聞くというのは話が早いです。
③は指使いとか細かいところで自己流になりそうです。自己流=悪いではないですけどね

 

独学の主な形態

独学に形態には次の3パターンが考えられます。

  1. 教則本を購入して練習する
  2. ネットの色んな情報を元に練習する
  3. アプリやネットサービスで練習する

実際は上記のどれか一つではなく、複数を組み合わせて…という形になると思いますが、おススメの教材や方法等については別記事で更に深堀する予定です。

 

①に関する深堀り記事です

ハノン
【ピアノ教則本】ピアノ独学のためにおすすめしたい教則本特集!以前の記事でピアノを始める際の独学方法について、主に3つのケースがあることを解説しました。 https://ongakuroom....

②に関する深堀り記事です

音楽教育系YouTuberおすすめ5選!【ピアノ独学に有効】以前の記事でピアノを始める際の独学方法について、主に3つのケースがあることを解説しました。 https://ongakuroom....

③に関する深堀り記事です

スマホアプリ「SimplyPiano」(シンプリーピアノ)で独学! レッスン内容から解約方法までピアノ独学用のスマホアプリSimplyPiano」(シンプリーピアノ)に関するレッスン内容や課題曲、課金内容に解約方法までを解説しました。 ピアノを少ない負担で始めたい方にとっては、一つの選択肢になります。...

 

ピアノを始めるにあたり独学が向いている方

上記の特徴を踏まえ、ピアノ開始時に独学をおすすめしたい方は次のとおりです。

独学が向いている(独学でも大丈夫な)方
  1. 自分のやりたいことが明確である人
  2. 自分の意志で粘り強く取り組める人
  3. バンドの中でピアノを弾きたい人
  4. 経済的、時間的に制約がある人
  5. 過去に教室を経験したことがあり、ブランクから再開する人
cafe
cafe
①②のように自分の思いが強くて、かつ探求心や継続力のある人は独学でも対応できると思います。
③はロック/ポップス等のバンドでキーボーディストとしてやりたい場合はソロピアノよりハードルは下がるので独学でも十分対応可能です。
④は消極的理由による独学対応ですね。
⑤は長期的なブランクがあったとしても、基礎的な部分が備わっていれば、あとは独学で補足していけますね

 

まとめ

自分のやりたいこと(積極的理由)や各種制約(消極的理由)の両面を考慮して、ピアノ教室向きか独学向きかを整理させていただきました。

ただ、どのような練習方法を取ろうと、実際上達するかどうかは、自分の取組次第です。

いかに、最初の「ピアノを弾けるようになりたい!」という初期衝動を大切に、継続できるかがピアノ上達のカギになると思いますので、その意識のうえで今回の記事を参考にしていただけたら嬉しいです。