音楽系アプリ

スマホアプリ「SimplyPiano」(シンプリーピアノ)で独学! レッスン内容から解約方法まで

以前の記事でピアノを始める際の独学方法について、主に3つのケースがあることを解説しました。

【ピアノ初心者対象】ピアノ教室と独学のメリット・デメリットまとめ!ピアノを始め、練習を進めていく方法としては、ピアノ教室へ通う方法と独学していく方法があります。 今回はその両方のメリット、デメリットをまとめ、その人にどういう方法が合っているかを提案する記事になっています。...

 

具体的には次の3ケースです。

  1. 教則本を購入して練習する
  2. ネットの色んな情報を元に練習する
  3. アプリやネットサービスで練習する

今回は③について、更に深堀する記事となります。
アプリを上手に活用して、日々のピアノ独学を充実させましょう!

今回おすすめするスマホアプリ

実は以前もネットサービスによるピアノ練習について、このブログでご紹介しました。
それは「PianoMarvel(ピアノマーベル)」というサービスです。

キャッチアイ画像
【ピアノ練習】ピアノマーベル(PianoMarvel)の基本的な使用方法を解説!独学でピアノ演奏の基礎力向上を図ろう!ピアノ練習を独学でがんばっている方、又はこれからピアノを始めようとしている方、ピアノマーベル(Piano Marvel)というWEBアプ...

PianoMarvel(ピアノマーベル)」の特徴としては、カリキュラムがすごく体系的で、順番どおりに進めることで、基礎が身に付くように出来ていることです。

その秘密はシステムにあり、自分の弾いた音を認識して、正しく弾けているかを数値として示してくれるので、自分の現状を客観的に把握できるというものでした。

 

今回ご紹介するのは「Simply Piano(シンプリーピアノ)」というスマホアプリです。このアプリもピアノマーベル同様、自分の弾いた音を認識して、曲が弾けているかどうかを判定するというのが基本ですが、カリキュラムや課題曲の面で差別化が図られています

JoyTunesがおくるSimply Piano(App Store)

JoyTunes がおくる Simply Piano

JoyTunes がおくる Simply Piano

JoyTunes無料posted withアプリーチ

 

cafe
cafe
このアプリは実際に自分も利用していますが、最新の曲がどんどん追加されるので楽しいですよ。ではSimply Pianoの特徴を詳しくみていきましょう!

Simply Piano(シンプリーピアノ)の特徴

まずはSimply Pianoの特徴を簡単に整理してみます。

  1. 【音声認識方法】
    スマホ(又はタブレット)のマイクで音を認識するので、基本的には機器の接続等は不要
  2. 【カリキュラム】
    自分の目指したい方向性を選んで、それに基づいたカリキュラムを進めていける(ソリストコース、コードコース)
  3. 【課題曲】
    練習曲の種類が豊富で、海外の有名曲が満載
    ドラムなどのリズムトラックと合わせて弾けるので、バンド気分を味わえる
  4. 【料金】
    無料アプリだが、ある程度のレッスンを進めるためには課金が必要

では、①から順に詳細をご説明します。

 

① ピアノ音認識方法

基本的にはスマートフォン(又はタブレット)をピアノの譜面台等に置いて弾くだけでピアノの音を認識してくれます。

認識にはスマホのマイクを使っているので、MIDIケーブルで接続する必要がありません。
これによりアコースティックピアノでも対応可能です。

ただし、使用している環境や弾き方によってはうまく認識しないこともあります。
実際に自分もちゃんと正しく弾いているはずなのに、弾けていないという判定をされることが割とあります。

この問題に関しては、アプリを提供しているjoytunes社も把握しており、ユーザーに対して次の対策をお願いしています。以下の対応で90%は解決できるとされています。

  1. 演奏時にはアプリの音量を下げてください
  2. iosデバイスを置く場所を変えてみてください
  3. デバイスのマイクを邪魔するものがないようにしてください
  4. 静かな環境で弾いてください
  5. サスティンペダルを使わないようにしてください
  6. MIDIインターフェースで接続することを検討してください

基本的には上記①~⑤で解決できるはずですが、どうしても問題が生じる場合は⑥の機器同士をMIDIケーブルで接続することをおススメしています。

MIDIで接続電子ピアノとスマホをMIDIで接続している様子

 

cafe
cafe
上の写真は僕の現在の環境ですが、これであれば弾いた情報が確実にアプリ側に伝達できるので、音量等の調節は不要です。

 

② カリキュラム

カリキュラムに関しては「コース」というメニューから自分で選択することができます。

具体的な手順について、アプリ画面と合わせてご説明します。

◆コース選択の前に、まずは全員が「ピアノ基本」「基礎Ⅰ」という講座をクリアする必要があります。ここで「イマジン」や「ジングルベル」等の比較的やさしい曲を体感して、ピアノの基礎の基礎を学びます。
シンプリーピア アプリ画面

◆基礎編が終わると「ソリスト」又は「コード」のどちらのルートを辿るか選択できます。ただし選択といいつつ、いつでも両方を選択できます。自分がどういうスタイルでピアノを弾きたいかを体系立ててくれているということですね。
シンプリーピアノ アプリ画面

  • ソリスト
    ピアノでメロディを弾く「ソロピアノ」を目指すルート。楽譜や両手の連携など主にテクニックを磨く
  • コード
    曲の伴奏を弾けるようになるためのルート。主にコードの知識を高める

 

◆各ルートを辿っていくと、更に各スキルがまとめられたコースがあり、一つずつチャレンジしていくイメージです。ちなみにトロフィーが表示されているコースは終了済みというのを表しています。
シンプリーピアノ アプリ画面

◆先に進むにしたがって、レベルも上がっていく感じです。シンプリーピアノ アプリ画面

◆各コースの中身について、ソリスト「中級Ⅲ」の場合はこのようになっています。基本的には各トレーニングメニューがあり、クリア後は仕上げとして各トレーニングで学んだスキルを使った曲にチャレンジするといった流れです。シンプリーピアノ アプリ画面

◆各トレーニングの中身は以下のようになっています。示された音符を弾いていきます。曲終了後、採点結果が表示されます。★が三つでクリアです。シンプリーピアノ アプリ画面

◆こちらはコード「ポップスコードⅢ」のコース画面です。
音符と合わせてコードネームも表示されます。
シンプリーピアノ アプリ画面

シンプリーピアノ アプリ画面




→次ページ 収録されている課題曲

1 2