機材

【楽器買取おすすめ】手間を掛けずに楽器を売る【Amazonアカウントと連携の楽器買取センター】

アイキャッチ画像
K氏
K氏
新しい楽器も増えたから少し整理したいけど、とにかく手間なく簡単に売れる方法ないかな?

こういった疑問にお答えします。

普段からAmazonで買い物をしている人であれば、最小限の手間で楽器の買取をしてもらうことができますので、是非この記事を参考にしてみてください。

カフェラン
カフェラン
これまで数々の楽器を購入・売却してきた(プロフィール参照)僕がおススメの方法を案内しますよ!
この記事の内容
  • 楽器を手放す方法はほぼ売却一択
  • とにかく手間をかけずに楽器を売りたい人は、Amazonと連携する「買取センター」がおすすめ
  • 買取センターのメリット、デメリットについて

 

楽器買取の概要

増えた楽器の扱いをどうするか?

小室哲也のシンセセッティングこんな感じで楽器いっぱい使う人はいいけれど

楽器にはヴィンテージとよばれる”古いけど価値がある”分野がある一方、毎年のように新製品が登場する入れ替わりの激しい業界でもあります。特にデジタルものが多い鍵盤楽器にはその傾向が強いです。

新しい楽器が欲しくなって買うのはいいんですが、じゃあ今まで使っていた楽器をどうするか?ここが鍵盤弾きにとっては悩みどころです。

楽器によって機能が異なるため曲によって使い分けたり、複数同時に使うのはキーボーディストにはよくあることですが、それでも台数が増えすぎると限界があります。それは主に設置スペースの問題。

電子ピアノやシンセサイザーはとにかく設置や保管するためのスペースを取るので、一般家庭に置くには割とキツイんです。

カフェラン
カフェラン
家族と同居の人は白い目で見られないようにしたいですね

そこで、解決策としては”楽器を手放す”ということになりますが、壊れていない場合は売りましょう。”人にあげる”という手もありますが、売却には次のメリットがあります。

  • 保管スペース問題解消
  • 売却代金が入る(こっちが本命の場合もありますね!)
  • 自分が愛着もって使っていた楽器を誰かがまた使ってくれると思うと、ちょっぴりうれしくないですか?

 

おすすめの楽器売却方法

さて、次に楽器の売り方ですが、主に次のような方法があります。

  1. オークション(ヤフオクやメルカリ等)を利用する
  2. リサイクルショップに売る
  3. 楽器買取業者に売る
  4. その他

①のオークションについては価格を自分で設定できるため、人気商品等であれば高額で売れる可能性もありますが、反面取引に手間がかかります。

オークションで売ろうとする場合
  • 落札されるまで何度も繰り返す必要あり
  • 落札者や質問への都度対応
  • 梱包や発送も自分でやる

割と大変ですね。中でも鍵盤楽器の場合は梱包作業がヤバいです

これはオークションに限った話ではなく②③についても同様で、以前「宅配買取」という方法で下取りに出した際、シンセサイザーを入れる大きさの段ボールがないため、段ボールを切り貼りして大きな梱包ケースを手作りしました。そして破損しないようプチプチなどで何重にも補強するなど梱包作業に苦労した経験があります。
リサイクルショップのように店頭持ち込みはもっと大変です。

楽器のような大物サイズの場合、とにかく”価格重視”という人以外は避けた方が無難です。

そこで今回は②の「楽器買取業者に頼む」をベースに”いかに手間を掛けないか”という観点からおススメしたいサービスである「Amazonと連携の買取センター」を紹介したいと思います。

 

買取センターの特徴

株式会社マーケットエンタープライズが展開する「買取センター」は、あのAmazonと連携した買取サービスを展開していることで注目を集めています。

なんといっても査定申し込みは、あなたがいつも使っているAmazonのアカウントでログインするだけという簡単さ!イチから個人情報などを入力する手間がないんです。

このスムーズさは想像以上にストレスフリーです。

もちろんメリット・デメリットがそれぞれありますので、その辺りをよくみていきましょう。

\ 詳しくは公式サイトもチェックしましょう! /

 

買取センターのメリット

買取センターを利用することのメリットとして次の4点をあげます。

  1. 査定依頼が簡単
  2. 査定しなくとも参考買取価格が分かる
  3. 出張費・送料・梱包代・返却送料すべて無料
  4. Amazonユーザにはうれしい買取金額10%アップ

それぞれ解説します。

メリット① 査定依頼が簡単

買取価格の査定を依頼する手順がとにかく簡単で回答も速いです。

買取センターの査定は「事前査定」といって、商品の情報(状態・付属品有無など)を伝えることで概算の買取価格を教えてもらうことです。
実際の価格は出張買取などで実機を見ての判断になりますが、正確に情報を伝えさえすれば経験上、買取価格がほぼ変わることはありません

電話とWEBで申し込むことが出来ますが、Amazonを普段から使っている人であれば断然WEBがおすすめ!

手順は2ステップのみ!

◆公式サイトの「Amazonアカウントでログイン」をクリック

買取査定の連絡方法
◆入力するのは買取希望の商品情報のみ(オレンジ色で囲んでいる部分)。氏名や住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報の入力は不要です。

査定依頼画面買取センターの査定依頼画面

 

カフェラン
カフェラン
これだけってすごくないですか!?このシンプルさは実際の作業負荷以上に気持ち的な負担感がないですよ

査定結果の回答

査定結果は最短で当日中に回答されます(電話の場合はそのまま電話口で答えてもらうことも可能)
もちろん査定結果によってはお断りすることも可能です。

カフェラン
カフェラン
楽器を売りたい場合は買取価格を比較するために複数の買取業者に査定を依頼することも多いと思います。そういった目的でもこの手軽さとスピードは助かりますね

メリット② 査定しなくとも参考買取価格が分かる

メリット①で査定申し込みの簡単さをご紹介しましたが、実は査定の申し込みさえもすることなく、おおよその買取価格を知ることが出来るのです。

買取センターの公式サイトには”参考買取価格”を検索できるページがあります。

カフェラン
カフェラン
僕の愛機KORG KRONOS2を検索した例が下の表です
参考買取価格の例参考買取価格の例

これはごく一部を抽出したものですが、同じ商品でも様々な買取パターンが表示されます。参考買取価格は下限価格と上限価格が示されています(オレンジ色で囲んでいる部分)。

  • 上限価格…未開封・未使用で全ての付属品等が揃っている状態の商品
  • 下限価格…使用感があるが、問題なく使える一般的な商品

実際の商品の状態によってこの範囲で変動するという感じです。

先ほども触れた、買取価格の相場感を他業者と比較するときにも使えると思います。

 

メリット③ 出張費・送料・梱包代・返却送料すべて無料

買取にかかる諸経費は全て無料です。

88鍵盤のシンセサイザーや電子ピアノなど特に大型のものは「出張買取」を依頼しましょう。出張買取は一部対応していない県もありますが、ほぼ日本全国を網羅しています。こちらの費用は無料です。

また61鍵盤など比較的小型のシンセ類であれば「宅配買取」でも大丈夫でしょう。その場合はあらかじめ段ボールなどの”宅配キット”を送ってくれるのでそれに入れて宅配を依頼します。この梱包材や送料ももちろん無料です。

また出張買取であればその場で最終的な買取金額を提示してくれますが、宅配買取であれば商品が現地に届いての最終金額提示になります。万が一、納得がいかない金額が提示された場合は取引を中止することができます。この場合は商品を返却してくれますが、その送料ももちろん無料です。

カフェラン
カフェラン
依頼する側にとってのリスクが一切ないのがうれしいですね

 

メリット④ Amazonユーザにはうれしい買取金額10%アップ

買取代金の受け取りは次の2種類から選ぶことができます。

  • 現金
  • Amazonギフト券

現在はキャンペーン実施中につき、Amazonギフト券を選択した場合は買取価格に10%上乗せした金額が支払われます。

これは普段からAmazonで買い物をしている人にとってはうれしいポイントですね。しかも、ギフト券は買取が成立した日の翌平日にはメールで送られてくるので、そのスピード感も魅力ですよね。

 

買取センターのデメリット

ピアノを弾く様子

買取センターを利用することのデメリットとして次の1点をあげます。

  1. 楽器専門の買取業者ではないため査定金額に甘さがでる可能性あり

 

デメリット①楽器専門の買取業者ではないため査定金額に甘さがでる可能性あり

世の中には楽器専門の買取業者が存在しますが、買取センターの場合は家電、家具、スポーツ用品、自転車、時計、カー用品といったたくさんの取り扱いジャンルの1つに楽器があるというものです。

つまり専門業者と比較すると鑑定眼に不安があるので、それが査定額にも反映してくる可能性があります。(楽器本来の価値を見抜けない、ちょっとした不具合を大きくとらえる等)

実際に査定額が安かったという声もあります。

しかし一方で相場なりの金額で引き取ってくれたという声もあります。

例はいずれも楽器ではないようですが、金額に関してはいずれにしても査定を依頼してみればはっきりすることです。

メリットの項目でも解説したように査定の依頼には手間がかからないので、まずは試してみる価値はあるでしょう。

 

まとめ

使わなくなった楽器の売却方法として、”手間のかからない”という観点から買取センターのサービスを解説しました。

  • まず査定に手間がかからないこと
  • 金額に納得いかない場合はその場で断れること
  • 引き取りも出張買取で無料なこと

このように依頼する側からすればリスクがないため、依頼する比較業者の1つとして査定を依頼、納得できればそのまま依頼…といった流れで利用するのが賢い使い方だと思います。

 

\ 詳しくは公式サイトもチェックしましょう! /

自宅でピアノのコツをマスターしましょー!

ピアノを短時間で弾けるようになりたい!!
…でもピアノ教室に通うのは難しいし、独学で進めるのも不安…

そんな場合の選択肢として自宅で習える動画講座がおすすめです!

\詳細はこちらをクリック/