アーティスト

【ジャニーズ×楽器】ピアノが弾けるジャニーズタレント特集!

こんにちは、カフェラン(@Cafe21130317)です。

突然ですが!「ジャニーズといえば……」の後に続く言葉は何が思い浮かびますか?
色々あるかもですが、真っ先に思い浮かぶのは「ダンス」ではないでしょうか。

実際ジャニーズグループの多くはダンスを売りにしていますが、中にはバンド形式で活動しているグループもあります。TOKIOや関ジャニ∞がそうですね。

そういったバンドを組んでいるメンバーはもちろんですが、それ以外のジャニーズグループでも実は楽器を弾ける人が意外と多いって知っていましたか?特にピアノを弾ける人が多いのです。

歌って踊れて、演技が出来て、その上ピアノも弾けるなんて…!

ということで、今回はジャニーズが誇るピアニストを大特集します!
みんなで才能あふれるカッコイイ男たちを見てみよう!

 

バンド系メンバー

バンドのキーボード

ピアノを弾ける人をピックアップしていくにあたって、バンド系と非バンド系のメンバーに分類します。バンド系の場合はある意味本職ですから、仕事という観点からも触れていきましょう。

国分太一(TOKIO)

TOKIOのキーボード担当太一くんです。

TOKIOのCDデビューが1994年ですから、少なくとも25年以上は鍵盤演奏の経験があるわけです。太一くんのプレイスタイルはピアノメインというよりは、オルガンやシンセを弾いている場面を多く見かけます。

実際TOKIOの代表曲ともいえる「リリック」や「宙船」といった曲では、オルガンをフューチャーしたアレンジですし、名曲「yesterday’s」ではエモーショナルなオルガンソロを聴かせてくれます。

そんなTOKIOの楽曲の中でゴリゴリのピアノを聴ける曲が「雨傘」です。
曲提供が椎名林檎で、アレンジが当時の東京事変ということで、楽曲自体東京事変テイスト溢れるものですが、このアレンジ素晴らしい。

正直このピアノ、難しいですよ。
このテンポ感を維持するのはすごく集中力を要しますが、見事に弾きこなしています。

太一くんも子どもの頃からピアノを習っていたわけではなく、ジャニーズに入ってから始めているので、そこからこのレベルに持っていけるのはすごいと思います。

 

2019年11月現在、音楽活動を再開できていないTOKIOについて記事を書きました。

TOKIO
TOKIOの音楽活動再開を考察する【ジャニーズからのメンバー脱退】TOKIOから山口達也が正式に脱退して1年半以上が経ちましたが、これまで音源発表やライブといった音楽活動は再開されていません。 こ...

 

村上信五(関ジャニ∞)

関ジャニ∞のキーボード担当、村上くんです。

関ジャニの場合はもともと、渋谷くん、安田くん、丸山くんあたりがバンド志向があり、初期のコンサートでは楽器弾く人と弾かない人が分かれていたんですね。楽器を弾かない筆頭が村上君と横山くんだったようです。

その後他のメンバーの影響で村上くんがピアノ、横山くんがパーカッションを始めてバンド形式での活動が本格化しました。ちなみに大倉くんも安田くんの勧めで関ジャニ加入後にドラム始めたようです。

さて、村上くんのピアノの腕前ですが、仮に初級、中級、上級と分けるならば中級といったところでしょうか。TVでもピアノを弾く場面では緊張感が伝わってきます。

でも村上くんのピアノ歴と、忙しい環境(練習時間どれくらいとれるんだろ?)を考えればものすごい努力が伺い知れます。だって、数万人もの前にピアノ弾くって並大抵の精神力じゃないですよ

最近では「関ジャム」内で様々なタイプの曲を演奏する機会も多く、これがスキルアップにつながっているものと思います。

 

伊野尾慧(Hay!Say!Jump!)

Hey!Say!Jump!のキーボード担当が伊野尾くんです。

ジャニーズのバンド系グループの中では、一番新しいグループですね。


伊野尾くんの場合は子どもの頃にピアノを習っていたのでバンドでキーボード担当はピッタリですね。

腕前はかなりしっかりしたもので、クラシックがベースであると思いますが、2番目のツイートで弾いているピアノは、クラシックではあまり登場しない、スケールアウトした音を盛り込むなど、ジャズ寄りのアプローチも色々試しているのかな?と想像します。

しかし…かわいいな。

 

非バンド系メンバー

ここからは非バンド系、つまり楽器をメインの仕事にしていないメンバーです。(たまにコンサートで弾いたりはありますが)
それだけに意外性のあるメンバーもいると思います。それでは行ってみましょう!

 

岡田准一(V6)

V6の岡田くんは幼少期にピアノを習っていたこともあり、TVでもたまにピアノ演奏を披露してくれています。

実は岡田くんのお母さんはピアノ講師で、現在もピアノ教室を開ているようです。幼少期からのピアノの先生は実はお母さんだったんですね。ちなみにお姉さんもピアニストですから、まさに音楽一家です!

個人的に記憶に残っている演奏シーンは、随分前に放送されたTOKIOの特番「ファイトTV」で、子どもたちと一緒に演奏した「summer」(久石譲)です。

 

これ、リアルタイムで見てましたが、いい演奏だと思います。

岡田君、スペック高いっす…

 

櫻井翔(嵐)

嵐の櫻井くんもピアノ弾けます。

まぁ櫻井君のお父さんは官僚(総務省の事務次官まで務められた方です)で、ハイソな家庭環境なのは有名なので、ピアノを習っていたとしても意外性はないかもしれないですね。

また櫻井君は嵐の楽曲の中でラップを担当することも多く、ファンの間では「サクラップ」と呼ばれ人気のようです。

ピアノにラップ、一見両極端のようで、リズム感が重要という点では共通してますね。ホントに何でもできますなぁ~

そして記憶に新しいところでは、日本テレビ24時間TVでのピアノ演奏。


病気により障害をおった少女との連弾という形での演奏でしたが、ただでさえ呼吸を合わせるのが難しい連弾を練習時間のそれほど取れない中、国技館での生演奏…。

こういう場面もサラリとこなせる(こなしているように見える)のが、プロですよねぇ。

 

上田竜也(KAT-TUN)

KAT-TUNの上田くんもピアノを弾けるジャニーズの一人です。


上田くんもやはり子供の頃にピアノを習っていたようです。

うーん、やはりピアノに関しては、子どもの頃に習っていたかどうかっていうのは分かりやすいです。安定感が違うんですよね。

 

中島健人(SexyZone)

SexyZoneの中島君もピアノが得意です。

この動画を見ると、しっかり基礎を身に着けたピアノですね。

中島くんの場合は、小学校2年生からピアノを習い始めたようです。動画内でも言及しているように、中学のピアノコンクールにも出ていたようなので、ピアノ歴は長そうです。

そしてこちらの記事では次のようなセリフを…。

ピアノから逃れられない、『宿命』なんですよ

くぅぅ~、こんなセリフ、日常生活を送っている中で言えますでしょうか?
そうそう、いえる人いないと思います。こんなこといえる人生も楽しいでしょうね。

まとめ

ジャニーズでピアノの弾ける男たちをご紹介しました!

こうやってピックアップしてみると、現在バンドでキーボードを担当しているメンバーよりも、そうじゃないメンバーの方が幼少期からピアノを習っているケースが多かったことが分かりました。

だからこそ、あえてバンドの一員として活躍しているメンバーに注目したい!
それはこのブログの趣旨…音楽はいつから始めても楽しめる!年齢は関係ない!を地でいっているからです。

実際太一くんや村上くんは大人から始めて、人前で演奏しているのはすごいことです。再びTOKIOのバンド演奏も見たいものです。