アーティスト

キーボーディストが在籍しているバンド20選 【今やキーボードがバンドの中心人物!?】

アイキャッチ画像

一昔前まで日本のメジャーシーンで活躍しているバンドに、キーボーディストが正式メンバーとして在籍しているケースは少数でした。

それはビートルズ以降に出来上がった”バンドは4人組”というフォーマットに則ったものといえます。

ところが2010年代後半以降最近では、キーボーディストが正式メンバーで在籍しているのはもちろん、割と中心メンバーであることが多くなってきました。

ということで、今回は現在活躍している若いバンドを中心に、「キーボーディストが在籍しているバンド」20組をご紹介します!

 

キーボーディスト在籍バンド20選

Official髭男dism

2018年メジャーデビュー(バンドとしては2012年から活動スタート)し、今やリリースした曲すべてチャート上位という超売れっ子バンド。

キーボーディストの藤原聡はボーカリストやプログラミング、パーカッションまでこなすマルチミュージシャンでありバンドの中心人物。幼稚園からクラシックピアノをやっていただけあって、演奏には余裕すら感じさせます。

音楽性に関してはピアノPOPバンドをうたっていますが、1stシングル「ノーダウト」のようなブラックミュージックテイストの楽曲も多いですが、最近ではよりポップな方へ傾倒している感じがします。

「イエスタデイ」や「宿命」をプロデュースした蔦屋好位置(アゲハスプリングス)の影響も大きかったでしょう。

カフェラン
カフェラン
「 Pretender」でバンドの勢いにもう一段ギアが入った感じ!

 

sumika

sumikaは2013年から活動している4人組ロックバンド。ロックというよりは、かなりポップなサウンドが特徴ですが、作詞作曲もつとめる片岡 健太のボーカルが力強いのが特徴ですね。

そしてこのバンドへは途中加入ながらピアノで存在感を発揮している小川 貴之。キーボーディストというよりはピアニスト寄りのプレイヤーですね。それだけポップな楽曲にうまくピアノをアレンジに溶け込ませています。

現在固定のベーシストはおらず毎回ゲストプレイヤーを迎えていますが、ライブではそれが割と面白いかもしれないですね。ベースが変わると曲の雰囲気も結構変わりますが、それが新鮮な風を吹き入れるみたいな。

 

King Gnu

King Gnuは2013年活動開始ですが、実はメジャーデビューは2019年と最近なんです。自分たちを「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称し、その名のとおり、ロックやジャズ、ヒップホップなど様々な音楽に影響を受けたミクスチャースタイルが特徴的。

ジャンルもミクスチャーなら、このバンドはマルチミュージシャン揃いです。特に全ての楽曲の作詞作曲を行っているリーダー常田大希は、ギター、ボーカルを務めますが、他にもチェロ(こちらはコンクールで上位をとっている腕前)やピアノもいけます。

「白日」で注目を集めましたが、あまり日本にはいないタイプのスタイルだと思うので、これからが楽しみなバンドであります。

 

Mrs. GREEN APPLE

Mrs.GREEN APPLEは2015年メジャーデビューの5人組。ギターが2人いることからも、サウンドはギターを主体としたロックでありながら、キーボードも存在感を発揮しており、とてもバランスがよいバンドだと思います。ドラムが女性というのも今風ですよね。

基本的にはボーカルの大森元貴が作詞・作曲を行いつつバンドをひっぱっていく、そんなリーダー突出型といえるバンドですが、基本みんなうまいです。

キーボードの藤澤涼架は、幼少期からピアノをやっているほか、高校の吹奏楽部でフルートの経験もあり、実際にバンドでもフルートを吹くことがあります。

とにかく若くてエネルギッシュ!これからも期待していきたいバンドです。

 

フジファブリック

バンド自体は2000年の初頭からスタートしていますから、実は割とベテランの域に達しているフジファブリック。

2009年にボーカル・ギターの中心人物、志村正彦の死を乗り越え、3人体制になっていますが、上の動画「徒然モノクローム」は3人体制での初シングルで新境地を切り開いています。ギター山内総一郎のボーカルはどんどんよくなっていますね!

そしてキーボード金澤ダイスケのプレイスタイルは、ピアノ、オルガン、シンセとオールマイティにこなしつつも、シンセの割合が増えている感じもします。メイン機材にmoogのVoyagerを使っているところからもそんなイメージが伝わります。

カフェラン
カフェラン
金澤ダイスケさんの奥さんはSuperflyの越智志帆さん。いい夫婦だなぁって思います。

ゲスの極み乙女

まさに音楽の天才ともいえる川谷絵音率いるゲスの極み乙女。

語るべきポイントは色々ありますが、一番は川谷の作り出すメロディでしょう。一発で川谷のそれだと分かる個性は強烈さがあります。

天才たる所以は、そのソングライティングのスピード。ゲス極以外にも多くのバンドを並行して活動している中、次々と生み出される楽曲は多作なだけでなくハイクオリティ。

アレンジ面でキーになっているのはキーボード。ギターはボーカルリストである川谷が兼ねているため曲によっては弾いていないことも多い。そんなとき前面にでるのはピアノで、上記動画「だけど僕は」もそうした一曲ですね。

キーボードのちゃんMARIはクラシックピアノがベースにありながらも学校でジャズも学んでいるためアドリブっぽいプレイもいれています。安定感とコードの選び方がいつも面白いですよね。

カフェラン
カフェラン
ゲス極の曲は思わず弾きたくなる曲多い

 

SHE’S

SHE’Sは2011年に結成された大阪出身の4人組。音楽性はピアノ・ロックバンドと称されるように、ピアノのアレンジを主体としながらも幅広さも持ち合わせています。

キーボードはボーカルを兼任する井上竜馬。全作品の作詞・作曲も担当するなどまさに中心人物。

メロディアスなメロディが好きで、かつピアノが好きなら文句なくおすすめです。これだけなら爽やかさが全面にでているかもしれませんが、SHE’Sの場合はギターもポイント高いです。

ギターの服部栞汰はハードロックがベースにあるためか、ギターソロがとってもエモーショナルで個人的にツボです。紹介したMV「Letter」のギターソロも泣きが入っていて、あまり今メジャーシーンにいるバンドでこういったソロを弾く人あまりいないので、そういった意味でも気に入ってます。

 

キュソネコカミ

キュウソネコカミは2009年結成で、その音楽性はシンセをフューチャーしたポップなパンクロックといった感じ。

そのステージングも派手で元気いっぱい!そして割と珍しいのがその配置。キーボードがボーカルの横でフロントの一角を占めている。そんでもってジャンプしまくり動きまくりのステージ!

いやーある意味これまでのキーボーディスト像をいい意味で壊しまくってますよねぇ。

そんなステージングなので機材も最小限なのか、メイン機材はNovationのUltraNova。37鍵のこの機種はとってもコンパクトだけどよい音するんですよ。

シンプルだけどポップ、そして元気!そういったバンドが好きな方には是非おすすめです。

 

サカナクション

サカナクションは2007年メジャーデビューの5人組バンド。メンバー全員北海道出身というのが一つの個性にもなっていますね。

基本的にはロックにカテゴライズされるバンドですが、その音楽性はシンセサイザーがフューチャーされたエレクトロな楽曲が多く、しかもポップでリズミカルなのでとても聴きやすい。

キーボードの岡崎 英美は決して弾きまくるタイプのプレイヤーではありませんが、打ち込みをうまく使いながらアレンジの妙で聴かせていくタイプという気がします。

またリーダーの山口一郎は何か新しいことをやってやろうという心意気が感じられるので、楽曲だけでなく、そういったバンドの動きも面白がれる。

 

Silent Siren

今や日本のガールズバンドの代表格になった感もあるサイレントサイレン。2010年デビューですから、2020年でもう10周年なんですね。

日本のガールズバンドで長期に継続しているバンドはそう多くないですが、続いている理由はメンバーそれぞれが本当に音楽を好きだからというのもあるでしょう。というのも、このバンドはデビューするために事務所がメンバーを集めたのではなく、元々バンドやっていたメンバーが集まって結成されたからです。

ビジュアルも華があって、演奏も手堅い。正統的な女の子バンドを聴きたければ、まずは”サイサイ”ですね!

 

the 3 minutes

名古屋発の5人組バンド。その特徴は上記動画を聴いてもらえれば分かるようにシンセ・サウンドを前面に押し出したポップかつロックなサウンドが特徴。

それもそのはず、楽曲の作曲やアレンジを手掛けているのはキーボーディストのひろ坊で、ここでもキーボーディストが中心のバンド運営になっています。

エレクトーン出身者らしく、曲作りの際はリズムを含めたアレンジも同時に浮かぶあたりがわかりみですね。

ライブもメンバー全員動き回るタイプの演奏で、若者らしいエネルギッシュさがいいですね!

カフェラン
カフェラン
バンドのテーマが「あなたの3分を魅了する」ということらしいです。

CHAI

CHAIは2012年から活動しているガールズバンド。「NEOかわいい」をコンセプトに活動中。双子のマナ(Vo,K)とカナ(G)を中心に結成されましたが、楽曲の肝はリズム隊。

というのも、このバンドの楽曲アレンジはシンプルでベースとドラムだけで成立しちゃうくらい、ある意味洋楽っぽい作りになっています。

実際、2016年にSpotify UKチャートに突如ランクインし、翌年には全米ツアーを行うなどインディーズながらも海外志向が強い面もあります。

楽曲は動画をご覧いただければ分かるとおり、なかなかインパクトがあって面白い。ライブも楽しいと評判のようです。

先ほどご紹介したサイレントサイレンとは、正反対の魅力があるガールズバンドといえるでしょう。

 

the telophones

the telephonesは2005年結成ですが、2015年の未期限活動休止を経て、2018年から新たに活動再開しています。

ボーカル石毛輝のハイトーンボーカルが特徴的。石毛輝は全ての作詞作曲もこなしつつ、ボーカルとギターを兼ね、さらにシンセまで演奏します。

the telephonesにはもう一人、岡本伸明というキーボーディストもいて、一聴するとギターが目立つロックバンドのようで、シンセサイザーがポイントになっています。

キーボーディストでもこういうハジけたバンドやりたい!っていう人には、ある意味お手本になるバンドかなと思います。

ネクライトーキー

2017年結成の5人組ロックバンドで、メジャーデビューは2020年と非常に新しいバンドです。

ギターの朝日が別名義(石風呂)で活動しているボカロ楽曲のセルフカバーを中心としていることもあり、ロックバンドとはいえアレンジが独特ですね。

ギターアレンジが特に独特でユーモアの要素もありつつ、ボーカルもっさの声も特徴的なのでそれらが相まっての個性が発揮されていると感じます。

キーボードは中村郁香は当初サポートとしての参加でしたが2019年から正式メンバーとして加入しています。ピアノ主体というよりは、シンセリードなんかをうまく使って楽曲に彩りを加えていますね。

キーボードソロが登場する曲が割と多いのも特徴的ですね。こういう部分も時代が変わってきたなぁ~って思います。

 

Gecko & Tokage Parade

Gecko&Tokage Paradeは、2013年に結成された4人組インストバンド。ピアノがメインですが、メロディで聴かせるというよりは、ピアノのリフをリズムカルに展開するような楽曲が多く、そこがフュージョンバンド等とはちょっと異なるところかなぁと感じます。

ソロピアニストとしても活動するキーボードの佐藤航は、ハードロックをルーツに持ち中高生の頃はジョンロード等のコピーをやってたうえで今の音楽性ですから分からないもんですね。

そしてメンバーもギターはハードロック、ベースはジャズ/フュージョン、ドラムがクラシックとそれぞれバックグランドが異なる、楽曲もそういう目線で聴いてみると色々と楽しめますよ。

 

ねごと

ねごとは2010年メジャーデビューの4人組ガールズバンド。

ボーカル&キーボードを兼任する蒼山幸子の透明感のある声に、ポップで煌びやかなアレンジをベースに展開するバンドは、日本のガールバンドシーンに存在感を放っています。

実はこのバンドのメンバー。マルチミュージシャン具合が半端ないです。

ヴォーカル&キーボードの蒼山幸子は、元々はドラマーでギターの経験もありますし、ベースの藤咲佑は幼少期からピアノの経験があります。そして、ドラムの澤村小夜子に至ってはピアノ、三味線、箏、吹奏楽ではマリンバと様々な楽器を操ることができます。特に以前TVでピアノを正確に弾けるかを競う番組にドラマーでありながら出場しよい成績を残していました。

そういうメンバー個々の音楽的バックグランドも分かって聴くと、より楽しめますよ!

 

SANOVA

SANOVAは”バンド”というより、ピアニストにサポートのベースとドラムを加えたソロプロジェクトですが、2017年メジャーデビューとやはり最近登場したピアノメインのアーティストですから是非紹介させていただきます。

SANOVAのテーマは”猪突猛進”。ピアノの堀江沙知自身が掲げたテーマですが、この言葉どおりその音楽は、疾走感のあるリズムの上をメロディアスで切れ味のよいピアノが踊っている…という表現がピッタリくるような、そんな気持ちのよい楽曲ばかりです。

ニュース番組(報道ステーション、NEWSZERO、ミヤネ屋等)をはじめ数多くの番組で楽曲が使用されているのは、やはりキャッチーで耳に残るからでしょうね。

ピアノをがっつり聴きたい!という方には特におすすめです。

 

ポップしなないで

ポップしなないでは2015年結成のキーボードとドラムの2人組。こういった編成自体めずらしいですが、そのサウンドは2人とは思えないほど広がりがあります。

ライブでも同期モノやサポートもいれず、ホントに2人で出せる音だけで勝負しているのも潔いというか好感もてます。編成が少ないので他の曲も似たような感じでは?と思う方もいると思いますが、結構幅広いバリエーションをもっていますので、是非他の曲も聴いてみてほしいです。

キーボード&ボーカルのかめがいの歌声はソウルフルで表現力がすごい。

showmore


ヴォーカル根津まなみとキーボード井上惇志による2017年活動開始のピアノボーカルユニット。

大人の魅力が詰まった歌詞とヴォーカルスタイルに、テンションを多用したおしゃれなピアノアレンジ。都会的な雰囲気がムンムンと漂っています。

オリジナル・ラブとか椎名林檎の系統といえば分かりやすいでしょうか?

アレンジには基本的にギターを使用せず、鍵盤のみでどこまで世界を広げられるか、というこだわりもあるそうで、そういった鍵盤を中心としたアレンジを味わえるという意味でも様々な楽曲を聴きたい!と思わせてくれるユニットです。

DEZOLVE

若手フュージョンバンドからも1バンド紹介します。「フュージョンなんで鍵盤いて当然じゃん」と思われるかもしれませんが、正統的なフュージョンでこうして若手が活躍してくれるとシーンも盛り上がってくると思うんですよね。

DEZOLVEは2014年結成、2018年メジャーデビューです。

キーボードの友田ジュンは、3歳からピアノ、5歳からエレクトーンを習っており、普通のJPOP等も好きだったようですが、なんといっても父親の影響で幼少期からカシオペアやT-SQAUREを聴いて育ったというから、なるべくして今がある…という感じですね。

このMVも正統派で個人的にもお気に入りです。ピアノを上のアングルから撮影するのは手の動きもよく分かっていい試みですね。

まとめ

今回ご紹介したバンドの多くは2010年代にデビューしたケースが多く、特に2015年以降にデビューした新しいバンドが目立ちます。

また、offical髭ダンディズム、SHE’S、the 3 minuts、ねごとなど、キーボーディストがバンドの中心人物(Voや作詞作曲担当、リーダーなど)であるケースも多くなっています。

昔はバンドでライブをやっても対バンにキーボーディストがいることは少なく、ライブ終わりの飲み会でもパート同士で話が盛り上がっているのを尻目にちょっと寂しい思いをしたものです。

キーボーディストの地位があがった?今、どんどん主張していきましょうー!

 

自宅でピアノのコツをマスターしましょー!

ピアノを短時間で弾けるようになりたい!!
…でもピアノ教室に通うのは難しいし、独学で進めるのも不安…

そんな場合の選択肢として自宅で習える動画講座がおすすめです!

\詳細はこちらをクリック/