鍵盤楽器

楽器を挫折せずに続ける方法3選 【初心者の90%は挫折する?アンケート結果から分析した解決法】

アイキャッチ画像
サニーさん
サニーさん
楽器を始める人は多いけど辞める人も多いって聞くね。続けるコツみたいなのはあるの?

今回はこういった疑問に関する解説記事です。

アメリカのギターメーカーであるフェンダー社の調査では、ギターを始めた人の実に90%は辞めてしまうという結果がでています。

それだけ楽器演奏を趣味として続けるのは難しい一面があるのは事実だと思います。今回はその辺りの原因を紐解きつつも、継続するための方法を解説していきます。

 

趣味としての楽器を続けることの現状

フェンダーにおける調査結果とは

フェンダーCEO アンディ・ムーニー氏出典:RolingStone

まずは冒頭でも触れたフェンダー社の調査結果をもう少し深堀してみましょう。
『老舗ギターブランド「フェンダー」が成長し続けている理由』(RolingStoneインタビュー)

上記のインタビューでCEOのアンディ・ムーニー氏は、ギタープレイヤーに関する調査で次のことが分かったと話しています。

調査結果
  1. ギターユーザの50%は女性で、アコースティックギターを買う傾向にある
  2. フェンダー・ギターの購入者のうち45%は初心者
  3. その初心者のうちの90%は、1年以内もしくは90日以内でギターを辞めてしまう
  4. 脱落しなかった10%は一生ギターを弾き続ける
  5. ギターを購入した人はその4倍をレッスン料につぎ込んでいる

データを収集し分析するというのは、これまでの楽器業界では無かった取組だと思います。こういった手法を取り入れたのも、ナイキやディズニーといった他業種で実績を積んできたアンディ氏ならではといえます。

ししょー
ししょー
フェンダーといえば、ギブソンとともにエレキギター市場を開拓・けん引してきた老舗のトップメーカーだけど、ギブソンと比べて調子がいいのはCEOの手腕による部分が大きいだろうね

さて、肝心の調査結果です。

色々と気になる項目は多いもののやはり目を引くのは③でしょう。新たに楽器を始めた人の90%は1年以内に辞めてしまう…これは意外というよりも「やはりそうだったんだ…」という肌感覚をデータが裏付けてしまったという感じがします。

 

フェンダーの打ち出した策「Fender Play」

さて、この分析結果を経てフェンダーがとった行動は「ギターを挫折させない」ということでした。つまりギターを継続する人が今より10%増えるだけで、売り上げは倍になるので、ビジネス的には大きな伸びしろだったのです。

具体的なサービスとして導入されたのが「Fender Play」というオンラインのギター学習サービスです。

FenderPlay出典:Fender Play
FenderPlayのサービス内容

初心者用のレッスンを動画で受けられるサービスで、簡単なコードや有名バンドの楽曲のコピーなどのほか、有名ミュージシャンが楽器を始めたころのエピソードを語る動画もあり、モチベーションを下げさせないような工夫が施されています。

月額9.99ドルのサブスクリプション形式となっています。

Fender Play公式サイト

カフェラン
カフェラン
残念ながら日本語Verはまだリリースされていないですね…

フェンダーはこれまでのギターという「モノを売る」会社から「コトを売る」…つまり体験を売るという方向にシフトしたといえます。この路線変更により、2020年現在売上高も過去最高を記録しています。(ギター需要が急増、フェンダーの売上高は過去最高に…オンライン学習システムも後押し

Fender Playは現在100万人もの人が登録し、初心者がつまづきやすいポイントをうまくカバーし、楽器継続に大いに貢献しているといえるでしょう。

さて、以上を踏まえて鍵盤楽器をやっているみなさんに楽器継続の具体的な取組をご紹介します。

 

鍵盤楽器(ピアノ)継続のための具体的な取組

オンライン型学習サービス

ピアノマーベルの環境

「Fender Play」に相当するピアノ版のオンライン学習サービスも当然あります。

カフェラン
カフェラン
良質なサービスが多すぎて1つに絞り切れないため、以前まとめた比較記事を是非参考にしてみてください!
アイキャッチ画像
5つのピアノ練習アプリを徹底比較【コスト・レッスン・曲数…あなたへのおすすめをご紹介!】5つのピアノ練習用アプリ(ピアノマーベル、シンプリーピアノ、フローキー、スクーブ、ピアノアカデミー)の特徴をまとめ、もっともおススメしたいアプリを決定します。...
サービスの特徴

スマホ(又はPCやタブレット)と電子ピアノ等を接続して、画面に表示される楽譜やコードを基に鍵盤を弾き、ちゃんと弾けているかどうかの判定結果をみながら練習できる。様々な練習曲があり楽しみながらピアノの基礎を身に付けることができる。

上記の特徴はリンク先で紹介したいずれのサービスにも共通するポイントですが、ギターと違い電子鍵盤楽器はデバイスと物理的に接続(MIDIという端子が備わっています)できるので、自分のプレイを判定してもらうという観点ではとても相性がいいです

アプリによるレッスンが初心者にお勧めな理由

練習するレベル感を現状にフィットするように調整できるのが特徴です。最初は基礎の基礎から始め、上達具体に応じて徐々にレッスン内容もレベルアップできる…変なプレッシャーを感じずに自然体で楽器に向き合えるのは大きいと思います。
また新しいレッスンや新しい曲も定期的に追加されるため、飽きがこない工夫も施されています

フェンダー社の調査でも明らかなように、楽器開始当初は思うように弾けずに「諦めてしまう」ケースが多いものですが、楽しみながら無理なくレベルアップできるこの仕組みは継続性という部分でとても有効でしょう。

そして「Fender Play」がギター購入と一緒に体験版が付くてくるように、電子ピアノとオンライン学習がセットになった商品もあります。

こちらの商品は、練習アプリ「skoove」のオンラインレッスンが3か月無料で付いてきます。楽器自体はライトタッチ鍵盤ですので本格的なピアノとは異なりますが、88鍵盤が3万円代で購入できるので、まずは楽器を始めてみたい初心者の方にとっては選択肢に入れてよい商品かと思います。

「skoove」に関する記事はこちらも参考にしてください

【ピアノ練習アプリ】Skoove(スクーブ)の特徴を徹底解説!以前の記事でピアノを始める際の独学方法について、主に3つのケースがあることを解説しました。 https://ongakuroom....

 

電子書籍のピアノ教則本活用

ピアニスト

冒頭に掲載したフェンダー社の調査をもう一度ご覧になってください。「④ギターを購入した人はその4倍のレッスン料をつぎ込んでいる」という事実も興味深いものがあります。

というのも、楽器を始めた当初いうのは教室や教則本にかなりお金を使う傾向にあります。特に最初の頃は希望に燃えていますから、本屋さんで見かけた教則本はどれも自分を成長させてくれるバイブルのように見えます。

そんな感じで次々と購入するのですが、1冊を完璧に活用し終えるということはまずありません。皆さんも心当たりありませんか?

カフェラン
カフェラン
↑何を隠そうソースは私です

購入した教則本で必ず何かは得られます。ですが全編に渡って活用しきれない以上コスパはよくないでしょう。積みあがった本は部屋の収納スペースを占めることにもなりますし…。

そこでおすすめしたのが電子書籍の教則本です。

特に私が加入しているAmazonの「Kindle Unlimited」というサービスは月額980円で電子書籍が読み放題となるため、気になる教則本はすぐダウンロードして参考にしています。

こちらの記事で詳しく解説しています。

アイキャッチ画像
電子書籍で読む 初心者向けピアノ教本【Amazon Kindle Unlimitedで気になる教本を読み放題!】 こういった疑問にお答えします。 教則本はピアノを独学するうえで大きな味方ですが、世の中には星の数ほど(は言い過ぎかもですが...

教則本はもちろん、読書好き、暇つぶし、資格試験などの教本など…音楽以外にも用途は広いため、情報取得という観点からも有効です。金銭的負担を軽くできることも、楽器という趣味を長く続ける秘訣だと考えます。

Amazon Kindle Unlimitedが気になる方はこちらから確認してみてください。

最初の1か月は無料で利用できるので、その期間に気になる本を片っ端から読んでみるのがおすすめ!

(↓クリックで公式サイトに飛びます↓)

 

仲間をつくろう

4ピースバンド

何でもそうですが、一つのことを突き詰めていく過程で、趣味とはいえモチベーションが上がらない時期はあるものです。

そんなときは、また自然とやる気になるまで休んでもいいと思いますが、こと楽器に関しては休んだ分腕前は後退していきます。その後の練習はそれを取り戻す作業となりあまり楽しくありません。

きっとこのようなサイクルが、初心者の挫折90%説にもなっているのでしょう。そこで是非おすすめしたいのが、音楽仲間を作ろう、というものです。

こう書くと「自分の腕前ではまだ早い」「もう少し上手くなってから」と考える方もいるかもしれませんが、これは簡単で自分のレベルに合った仲間を作ればいいのです。そういう人は探せば必ずいますから。

バンドでもいいですし、2人組ユニットでもいいでしょう。一緒にスタジオに入る練習仲間もいいですね。仲間と一緒に音楽をやるメリットは次の2つです。

  1. アンサンブルが楽しめる。コミュニケーションしながら音楽をやるのは単純に楽しい。
  2. 責任感が生じるので、半強制的に練習時間を設けれる。

①に関して、ピアノの場合は一人で弾き語りやソロ演奏も成立するのでもちろん楽しいんですが、バンドなどはまた違った楽しさがあります。これだけでも楽器を続けられる動機としては十分です。

更に重要なのは②です。特にバンドでは自分のパートに責任を持つ必要があります。一人だけ曲が弾けないと成立しません。そういった緊張感があるため、自ずと練習時間を確保してやるようになるのです。

ししょー
ししょー
もっともこれが出来ないとバンドメンバーの足並みが乱れてメンバー脱退や解散ってことになってくるんだけどな

”必要に迫られて”ってそう悪いことではないと思います。モチベーションが上がらない時は、責任感などでカバーし継続性を確保する。長く楽器を続けられ上達すれば財産になります。

バンドの入り方、メンバーの作り方はこちらの記事も参考にしてみてください!

【バンド活動】社会人向けのバンドスタートガイド! (バンド結成編)もうすぐ春ですね! 春は卒業式・入学式に代表される出会いと別れの季節として節目感がありますね。 加えて、気候も暖かくなりますから...

 

まとめ

楽器を挫折せずに継続するための方法を3つご紹介しました。

特に音楽は一生楽しめるといってよい趣味の1つで、人生を豊かにしてくれるものと個人的に思っています。

それだけに、始めて間もない時に挫折してほしくないなぁと思います。今回ご紹介した方法はあまりお金を掛けずに、少しずつ上達が感じられるような方法ですので、是非自分に向く方向を取り入れてみてください。

アマゾンミュージックで音楽聴き放題を始めましょう

Amazonが提供する”Amazon Music Unlimited”は、
6500万曲が聴ける音楽サブスクリプションの中でもトップクラス!

今なら30日無料で聴き放題です。是非この機会に!